2009年03月22日

「せどり」する若者

先日、都内の「ブックオフ」店に立ち寄って、

アフィリエイトの本でも探そうかなと思って

いたら、そばに居た若者が買い物かごにいっぱい本を
入れていました。

棚から本を引き出しては、手に持った携帯電話で
キーをたたいて画面を見ています。

直感的に「せどり」だなと思いました。

でも、携帯電話で何をしているのだろう?

と不思議に思っていました。

よほど、「儲かりますか?」と聞いてみようかと
思いましたが思いとどまりました。

ウイキペディアで 「せどり」 を見てみました。

そうしたら載っていました。

携帯電話で本の背表紙にあるISBNコードを入力すると

インターネットでいくらで売っているかが判るフリーソフトが
あるんですって...

何日も経って改めて「なるほど!」と思った次第です。

105円で仕入れて5〜600円で売れれば、そこそこ利益は

出るんでしょうね?

送料は購入者が持つにしても、梱包とか発送の手間はかかりますね。

でも、封筒に入れて郵送すればいいんでしょうね。

posted by 安芸 at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
もしもドロップシッピング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。