2009年03月26日

政治家って何故、傲慢なのか?

スポーツマンとの対比で、

政治家って何故あんなに傲慢な

口のききかたをするんでしょうか?



常日頃、思っているんですが...

麻生総理の記者に対して言う言葉遣い、

自分が教養もないのに...
「君、もっと勉強したら」
なんて何故言えるんでしょうね?


記者も気概を持って、
「総理、あなたこそもっと勉強してください」
って何故言えないんですかね?

もっとも、芸能人にインタビューしている
記者の質問を聞いていると、
「何だこいつは?」
と思うような記者もいますから、どっちも
どっちなんですかね?

福田元総理も、

「私はあなたとは違うんです!」
なんて傲慢なことよく言えますよね?


人間性が疑われる言葉だと思いませんか?

私は、政治家の人間性とか感性を疑いますね。

そういう発言、態度を許している日本の社会が
ダメな政治家を作っているんじゃないでしょうか?







posted by 安芸 at 01:49| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
もしもドロップシッピング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。