2009年05月15日

言葉:「他力本願」でマッサージ

「他力本願」 って

「他人の力に頼って自分じゃ積極的に努力をしない」
ってことですよね ?

「違うだろう!」っていう、あなた、さすがですね!

**************************************************

今日は久しぶりの「門仲マッサージ」

自分じゃ自分の体の調子は「結構いいんじゃない?」

と思っていたんですが、先生にいわせると、

「相変わらず首筋は硬いし、背中も固まりかけてます」

という診断でした。

2時間、されるがままに身をまかせ、体も心もほぐして

もらって、「明日から頑張って練習するぞ!」って

まだ思っています。

これが、あと10時間持続すれば本気かも知れません。

先生のところのホームページ未だできてないらしいですが

「門前仲町の O治療院」お勧めです。

今日の「他力本願」は 0先生からヒントをもらいました。

***************************************************

さて、 「他力本願」 ですが、

本来の意味は何でしょうか? 仏教用語からきています。

「他力」とは、「自分の力を超えた仏の慈悲の心」

「本願」とは、「生きるものすべての救済」

を表します。

「人間個人の力なんて小さいものよ、仏の力が必要だ」

という仏教信仰の教えのようです。

でも、辞書の中には「自分で努力せず、他人の力に

頼る」という意味も認めているものもあるそうです。

できるビジネスマンが読んでいる「頼れるビジネス週刊誌」




私も登録しました。多彩なプログラムがお勧めの理由です。



posted by 安芸 at 00:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
もしもドロップシッピング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。