2009年07月01日

「めど」がたつ?

NHK「気になる言葉」より


「めど」は本来「耆」と書き、


「メドハギ」という「豆科の多年草」の古名とされています。

茎を筮(めどぎ)(占いに使う筮竹(ぜいちく))に用いた
ことから「めどはぎ」という名がついたという説があります。


    「占い」から

       ↓

   「目当て」「目標」という意味になり
 
       ↓

   当て字として「目所」「目処」「目途」
     使われました。


ところで、「めどがつく」 と 「めどがたつ」 は
どちらが正しいのでしょうか ?


本来は 「めどがつく」 が正しいようです。

NHKで昭和56年 と 平成3年に
一般にどちらが使われるか調べたそうです。


昭和56年には、「めどがつく」  77%
           「めどがたつ」  21%

平成3年には、 「めどがつく」  28%
           「めどがたつ」  68%

と、ほぼ逆転したそうです。

10年間で「逆転」するなんて、まさに、

「言葉は生きている」ですね !?

このブログでは「言葉」も一つのテーマとして取組んでいます。
宜しければ「ほかの言葉」も目を通して下さい。


09-03-27 「なし崩し」の意味は?
09-03-28 Winter−belly
09-03-29 ひぐれ里・・・日暮里 町探索
09-04-14 「バーチャル・ウォーター」って何 ?
09-04-15 「侍」とは
09-04-18 BRICs ご存知ですよね ?
09-04-24 空の日本語美しく
09-05-08 「お疲れさま」って言われたくない
09-05-13 言葉「足元をみる」
09-05-13 「ほふく前進」
09-05-14 言葉「すいません」と「ありがとう」
09-05-15 言葉:「他力本願」でマッサージ
09-05-15 気になる言葉遣い
09-05-16 「気になる言葉遣い」略語
09-05-16 言葉 「こだわる」
09-05-20 言葉「ため口」
09-06-05 「補綴」って、何て読みますか
09-06-30 「しかとする」の語源
09-07-01 「めど」がたつ? 日記
09-09-05 知らなかった「破天荒」
10-04-16 三寒四温
10-04-26 「ふんぎり」
10-04-26 塞翁之馬 (さいおうがうま)
10-04-26 「ほくそえむ」
10-04-27 青島幸男「人間万事塞翁が丙午」
10-04-27 「帰郷」と「帰省」違うの?











posted by 安芸 at 15:48| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
もしもドロップシッピング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。