2009年09月05日

知らなかった「破天荒」

◇08年度文化庁「国語に関する世論調査」◇

文化庁で毎年、「国語に関する世論調査」をやっているそうです。

今日の話題は、その中の一つ

「破天荒」
本来の意味である
(ア)「だれも成し得なかったことをすること」
   と答えた人は2割に届かず,
本来の意味ではない
(イ)「豪快で大胆な様子」と答えた人が6割台半ばとなっている。

*************************************************

 実は、私も、

「型破りなこと」

 かと思っていましたよ。

 恥ずかしいです。

 「漢字の読めない首相」なんて悪口は今後、言いません。

ちなみに、 読み方は 「はてんこう」 です。

*************************************************

破天荒 (例文:彼の人生は破天荒だった。)
(ア)だれも成し得なかったことをすること ・・ 16.9%
(イ)豪快で大胆な様子 ・・・・・・・・・・・ 64.2%
(ア)と(イ)の両方 ・・・・・・・・・・・・ 5.4%
(ア),(イ)とは全く別の意味 ・・・・・・・ 1.3%
分からない ・・・・・・・・・・・・・・・・ 12.2%

〔年齢別〕

(イ)「豪快で大胆な様子」と答えた人の割合が,どの年代でも,
本来の意味である(ア)「だれも成し得なかったことをするこ
   と」より高い。
60歳以上では(ア)と答えた人の割合が他の年代より高く,
(イ)と答えた人も他の年代に比べ低い。
*********************************************************
◆「天荒」は未開の荒蕪地(こうぶち)の意。
唐の時代、官吏登用試験の合格者が1名も出なかった ○州は人々から
「天荒」といわれていたが、劉蛻(りゅうぜい)が初めて合格して
「天荒を破った」といわれたという、「唐言」「北夢瑣言」の故事から。
*********************************************************

この他にも「興味のある言葉」が紹介されています。

当分、「ブログねた」ができました。

posted by 安芸 at 19:16| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
もしもドロップシッピング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。