2010年05月24日

「†」「‡」「§」「¶」の読み方

web R25  5月24日(月) 12時 5分配信

「†」「‡」「§」「¶」etc. 

意味&読み方が知りたい!



ケータイやパソコンなどで記号を変換しようとすると、
膨大な数の候補が表示される。

普段、“!”“?”“…”などしか使わない自分にとっては、
まるで暗号の世界。
使い方はおろか、読み方すらわからない記号も少なくない。

たとえば“†”“‡”“§”“¶”などという記号は、
何を意味するのだろうか。
文字規格に詳しい東京外語大学の芝野耕司教授に聞いた。

「†(ダガー)は短剣符ともいって、
脚注の参照記号として使う場合が多いですね。‡(ダブルダガー)も同様に脚注として使われます。
†は故人を表す記号などに使うともいわれますけど、
ほとんどスラングに近いですね。

§(セクション)は文章の節を表す記号。
§1、§2とか区切って見出しをつけたりもします。

¶(パラグラフ)は、
通常、文章を編集する時に使用されるもので、
ここから新しい段落を始めるという段落記号です。
ちなみに、§や¶も脚注として使われることもあります。

まあ、記号は用途を完全に固定しているわけでもないので、
他の使い方もできるのですが」

日本っぽいものとしては、“仝”というのも、
あまり見かけないですね。

「仝(どう)は“同”の古語で意味も同じです。
仝上といった感じで使います。すべての記号にいえますが、
一部では日常的に使うものなので規格に入れているわけです」(仝)

なるほど。

では、記号入力の変換候補としてどんな記号まで含めるかは、
どうやって決めているんですか。

「日本で使われている文章のなかで、
必要なものを規格に入れている。

そういうシンプルな話なんですよ。
数学記号なんかは、
文系の人はあまりなじみがないかもしれませんが、
理系には必須。
αやβなどのギリシャ文字やロシア語で使われる
キリール文字がフルセットで入っているのも、
よく理系分野で使われるからです」(仝)

文系なので、まったく意味がわからなかったです(苦笑)。
使わない人にとっては意味不明でも、それが常識という世界があり、
記号には必ず意味がある。

当たり前の話ですが、勉強になりました!
(新型 光)
(R25編集部)









posted by 安芸 at 21:28| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
もしもドロップシッピング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。