2010年05月28日

「雑学王」「能書き」の語源?

5月24日のテレビ朝日、「雑学王」から

出演者:
伊集院光、劇団ひとり、辰巳琢郎、麻木久仁子、土田晃之、劇団ひとり、東貴博


 10.「能書」は「能書きをたれる」などと使いますが、
    本来、「ある物」の優れた点を書き記したものです。
    その{ある物」とは何でしょう? 
 
  一般回答率:19%



  
  答え:




  
    「ある物」とは「薬」です。
     薬の効能を書いた文書のことを「能書」と
     いいました。
     漢方薬が普及し始めた平安時代にあったそうです。
     ちなみに、
     「能書きをたれる」とは、自分の優れた点を並べ立てて
     自慢することをいいます。        

  







posted by 安芸 at 21:40| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
もしもドロップシッピング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。