2010年05月28日

「日本語」「結構です」


一つ前の記事で紹介した

5月21日 フジテレビで放送された番組

【エンタがビタミン♪】

日本人度”ってなに?
本音と建前を使い分ける外国人タレントたち。

21日の「ホンネの殿堂!!紳助にはわかるまいっ 」で
「外国人から見るとおかしな日本」というテーマが取り上げられた。


ゲスト:アグネス・チャン、ボビー・オロゴン、ベルナール・アッカ、
    チャド・マレーン、ローラ・チャン、フィフィ


この中で面白かったのは、私としてはボビーオロゴンの
「日本語おかしいよ!」

「結構です」 

の使い方だった。

日本人とレストランでステーキを食べていた。

店員が「焼き加減はどうですか?」と聞いた。

日本人が 「結構です。」

これはYESの意味で相手に通じた。

そこで今度は・・

店員が「パンのお代わりはいかがですか?」と聞いた。

日本人が 「結構です。」

すると、何もせずに店員は去っていった。

この場合、NOの意味で相手に通じた。

ボビーは喉が渇いていたので

店員が「お水のお代わりはいかがですか?」

と聞かれ

YESのつもりで「結構です。」と答えた。

そして、店員が去っていった経験があるそうだ。


確かに、

「結構です」

は、あいまいだね ?!











posted by 安芸 at 23:36| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
もしもドロップシッピング
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。